信頼される会社作り|始めよう!AEDの設置やワークフロー比較

女性

ワークフローのあれこれ

ASPサービスの特徴

システム

電子化ワークフローの代表的なツールとして、グループウェアの利用が急増しています。以前のグループウェアは、クライアント、サーバー型が中心でした。近年は、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)型のグループウェアの利用が増えています。また、ASPサービスのグループウェアでは、クラウド対応しているのも特徴です。クラウド対応によって、外回りの営業マンがワークフローの進捗を確認したり、ワークフローの申請も行う事ができます。クラウド対応のワークフローは、働き方に大きな変化をもたらします。企業のオフィスにいなくても、プロジェクト管理、営業折衝情報の記録も可能です。生きた情報がリアルタイムに活かされるという大きなメリットがあります。

自社にあった製品を選ぶ事

クラウドタイプのワークフローのメリットとして、企業はサーバーやグループウェアソフト、データベースシステム等を保有する必要がないというのが、大きなメリットです。これは、企業の設備投資費用を抑える事ができます。月額の利用料金は、1ユーザあたり300円〜500円で利用できる事も、企業にとって、利用しやすいサービスと言えます。また、3か月間無料、お試し期間がある製品もあります。自社の業務にあったグループウェアを選択する事が重要です。無料お試し期間で、様々な製品の機能を確認する環境が整っていると言えます。スマートフォン等のスマートデバイスが普及し、クラウド環境も併せて進化しています。今後、更にクラウドタイプのグループウェアの利用が便利になっていく事が予想されます。