信頼される会社作り|始めよう!AEDの設置やワークフロー比較

女性

いい点を紹介

企業全体の最適化

システム

ERPパッケージとは、企業内の生産、販売、在庫、経理、人事といったあらゆる業務を効率化し、ヒト、モノ、カネ、情報資源を有効活用する事です。また、この考えにより、総合的に企業を最適化するために、IT技術を利用する手法として、ERPパッケージの利用が最近のトレンドです。また、近年は、クラウド、モバイル、ソーシャル、ビッグデータという観点もキーワードになってきます。ERPパッケージは、このような新たなキーワードも組み込みながら、常に企業が求められる要素を取り込んでいくというのが特徴です。例えば、ビッグデータにおいては、産業界をはじめ、あらゆる機器がインターネットで繋がれ、今まで考えられなかったデータのやり取りが要求されます。この環境に合わせた、ERPパッケージが既に構築されています。

ERPパッケージの導入

ERPパッケージの構築では、段階的に構築していく事が一般的な方法です。STEP1では、顧客管理システムと販売管理システムをERPパッケージに組み込む。STEP2では、更に対象範囲を拡げて、経理、調達システムも対象とする。最終ステップでは、人事、財務システムを統合するという手法です。段階的にERPパッケージを構築するメリットとして、ソフトランディングでシステムの定着が可能です。一気にERPパッケージに全面変更となると、業務方法が変わることによる社員の負担も大きくなります。部分的にERPパッケージ化し、効果を確認し、業務手順として定着化されている事を確認し、確実に1つ1つパッケージをシステム化していく事が重要になります。