信頼される会社作り|始めよう!AEDの設置やワークフロー比較

女性

特許申請は重要な手続き

中小企業を支援します

案内

現在の日本は世界有数の先進国として数多くの先端技術を開発してきましたが、現状は過去の長い継続的な研究と先取の気概の積み重ねの結果です。新たに考案された発明は、特許申請を経て申請者が独自に保有する権利として保護されることで適切な対価を受け取れるようになっているのです。 しかし、その反動として過去の特許申請を経て所有された結果が既得権となることで商業上の競争を阻害してしまう悪弊も生じている事例が指摘されるようになっています。特にベンチャー企業等の中小規模の新興事業者の発展が今後の社会成長における重要性が増している近年は、煩雑な特許申請の負担の軽減に取り組むことで小規模事業者を積極的に支援する機運が高まっています。

特許申請費用が必要です

独自技術を企業運営の中核としている事業者にとって、他事業者に技術を模倣される事態は事業を継続する上での死活問題となります。同種技術の販売競争においては技術以外の資金力や事業規模、販売能力等で市場シェアが決定されてしまう傾向にあるため、特許申請による技術流出の防止と保護が重要なのです。 しかし、特許申請は簡単に行える行動ではなく、ある程度の費用が必要となります。更に書類作成を行うためには専属の人員の配置が不可欠ですから、資金力の乏しい小規模事業者には大変な負担になって事業運営に支障が出てしまう危険性があります。そのため、特許申請においては限られた資金の中から適切な選別をした上での有効性の吟味を行うように注意しましょう。