信頼される会社作り|始めよう!AEDの設置やワークフロー比較

スーツ

いい点を紹介

システム

ERPパッケージとは、企業内のヒト、モノ、カネ、情報資源を有効に活用し、企業全体として最適化を図っていく事です。最近のERPパッケージには、ビッグデータ、クラウドといった最新の要素も組み込まれています。ERPパッケージを導入する際は、1つ1つのパッケージを確実に導入していく事が重要になります。

詳細を確認する...

比較検討しましょう

レンタルか購入かで比較

AED

AEDの価格は、・契約方法(購入かレンタルか)、・使用ないし所有期間、・管理費用など、様々な要因で左右されます。 まず、購入する場合は、本体代金という初期投資が必要になってきます。一方、レンタルの場合は初期費用がかかる場合であっても本体代金ほどの大きな額ではありませんので、導入当初にコストを抑えたい場合はレンタルの方に価格メリットがあると言えます。 ただ、AEDは機械設備である以上、維持費・ランニングコストがかかります。購入する場合は、消耗品である電極パッドやバッテリーの交換費用がかかります。一方、レンタルの場合は、基本的な保守点検はレンタル会社が行う場合が多いのですが、月額ないし年額で決められた維持費用がかかります。 AEDの価格とひとくちに言っても、長い目で検討する必要があるのです。 そのため、使用ないし所有期間が長くなれば、レンタルするよりも購入する場合が費用を安く抑えることができるということになります。

信頼できる会社選びも重要

AEDは医療機器の一つであるため、厚生労働省の認可を受けたもののみが市場に出回ることになります。その点では、スペックや品質が劣るといった問題は少ないと言えるでしょう。 ただ、価格が安いからといって中古品を購入した場合は、故障・不具合はもちろん、思いもよらない額のランニングコストがかかった、等のトラブルも発生することがあります。 一般的に新品のAEDであれば耐用年数が6〜8年あり、適度な時期に電池など消耗品をこうかんすれば耐用年数は問題なく使用できます。 しかし、全国で数多くのAEDが盗難に遭っており、それが市場に安く出回っている場合、有効期間や耐用年数、消耗品の交換時期を正確に把握できません。 AEDを購入する場合、メーカーのみならず販売会社の信頼度も重視して決定することが重要です。

ワークフローのあれこれ

システム

電子化ワークフローの代表ツールとしてワークフローの利用が急増しています。最近のグループウェアは、クラウド対応しているのも特徴です。クラウドの利用によって、生きた情報がリアルタイムに活かされる事も大きなメリットです。無料お試し期間がある製品もあり、自社業務にあったグループウェアを選択する事が重要です。

詳細を確認する...

特許申請は重要な手続き

案内

企業活動において独自技術の活用は継続的な事業運営に不可欠ですから、技術保護のためには特許申請が必要です。近年は将来的な成長のために中小事業者の支援に取り組んでいますが、資金の乏しい事業者は費用対効果を考慮した選別に注意して行いましょう。

詳細を確認する...